トップ コンセプト 会社案内 主な仮設工事 各種足場 採用情報 お問い合わせ

優れた技術と強い責任感、それが「鳶」職人の誇り。
「建築」ビジネスの明日を決めるもの
近年、建築の高層化が特に都市部において進みつつあります。建設作業を安全に、そしてスムーズに行うには、基本となるしっかりとした工事作業の足場づくりが不可欠。建設作業での最も基礎的で重要な部分を担っているとわたしたち「西川組」は考え、日々精励しております。

「鳶(とび)」へのこだわり
「鳶」とは、工事現場で安全性や能率を確保するために仮設する設備工事のこと。江戸時代、高い建造物の建て方作業などに従事していた職人「鳶の者」が語源です。特に高層建築での作業には危険が伴うため、充分な経験と高度な技術、そして強い責任感が必要。見えない所で現場を支える その姿勢こそが鳶職人のこだわりであり、誇りでもあります。

当社のシステムエンジニアリング
一つの建築物を竣工させるには、さまざまな施工段階があります。ただし鳶の作業はあくまで仮設であり、土木・建築・電気・左官などの作業員が安全かつ効率的に行えるよう、陰で支える役割を担っています。西川組は、永年培ってきた熟練の技術・技能をフル活用した、「仮設工事」を行います。




サイトマップ このサイトについて
株式会社西川のコピーライト